So-net無料ブログ作成
検索選択

ケータイ廃人 [日々の出来事]

高機能化の一途をたどる携帯電話。通話やメールはもちろん、ネット、音楽、ゲーム、電子マネー等々、その機能は数え切れないほどだ。本当に便利な道具であるが、便利になればなるほど「自分の生活がケータイに支配されているのではないか......?」と、ふと思う時がある。

また、大人だけでなく小学生までが携帯を持つ時代となると、見知らぬ相手とネット上でコミュニケーションできるツールが身近にあるということに、誰しも危機感を抱くところだ。

事実、携帯電話のネットワーク上では、子どもたちによる売春、違法薬物売買、ネット上のやり取りから発展した傷害事件、ネットいじめ、ストーカー被害などの深刻な問題が渦巻いている。さらに、"無料"とうたいながら高額請求が発生することが問題視されている「モバゲー」「GREE」などのゲーム、携帯電話からTwitterで一日中たわいもないことを書き続けることによる時間の浪費など、真綿で首を絞めるようにジワジワと生活を侵食される中毒性も携帯電話には存在する。だが、どれも実際にケータイでアクセスしなければ垣間見ることができない閉ざされた世界ゆえに、我々の目には正体がハッキリと見えてこない。

本書『ケータイ廃人』(データハウス)では、丹念な取材とデータ分析を基に、身近なケータイ中毒から人生の破滅につながる危険まで、携帯電話から広がる闇の世界を実例を交えて詳細に描いている。

特に目を引くのは、少女たちの性の乱れだ。自分のヌード画像をメールで販売する少女、服の上から身体を触らせたりキスをするだけという手軽さから女子中高生の間で急速に広がる「プチ援交」に励む少女、掲示板で隠語を駆使して援助交際相手を募集するプロ顔負けの少女、自宅に泊めてくれる「神」をケータイで募集する家出少女......。

過去には、出会い系でのトラブルが多かったが、援交や傷害、果ては殺人まで事件が多発したために規制が強化され、現在はGREEやモバゲー、友達募集の掲示板、プロフなどの一般サイトに性被害の舞台が移ったことで、一層複雑化している。

最近は、学校でのネットリテラシー教育が始まりつつあるが、子どもたちのネットに対する危機感のなさは解決しきれていない。4年ほど前に小6女児が「メル友(メール友達)」を募集するサイトで知り合った男に連れ去られる事件があったが、本書の潜入取材では成人男性だと明かした上であっても、3日で30人の小学生女児と連絡が取れてしまったという。

携帯電話の魔力に引きこまれるのは、子どもだけではない。消費者金融を利用するのに、いまや一度も店舗に行かずにケータイから申し込むだけで借金ができるということも、便利すぎる携帯電話の恐ろしさの一つとして挙げられている・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




検索エンジン登録ASSISTANT
相互リンク SUPPORTER
おもちゃ 通販
被リンクを増やすシステム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。